翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第190回地震

2014.06.04
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

東日本大震災は本当に恐ろしい天災でした。まだまだ復興には程遠い状態と聞きますし、原発の問題も絡んでいて、本当に大変な問題ですね。
地震を含め、天災は怖いですね。僕は兵庫県阪神地区の出身で、1995年の阪神大震災で被災しましたので、その恐ろしさは身をもって体験しています。
今日は、地震関連の単語をご紹介しようと思います。

地震

これは中国語でも同じ「地震 dì zhèn」ですね。日本ではよく「大震災」という言い方をしますが、中国では「大地震 dà dì zhèn」と言っているようです。

震度

なぜかあまり中国の報道では震度について言及していることが無いように思うのですが、調べてみると

地震烈度
dì zhèn liè dù

という言葉がありました。日本の震度とは尺度が違うようですが。

マグニチュード

以前のメルマガでも書いたことがあるような気がしますが、もう1度書きます。「里氏 lĭ shì」と言います。東日本大震災の時のマグニチュード9.0を中国語で言うなら

里氏9.0级
lĭ shì jiŭ diăn líng jí

というふうに言います。

なお、以前も書きましたが、「里氏」というのはマグニチュードという単位を作った「リヒター」という人のことを指すようです。つまり「リヒター氏」ということで「里氏」と言っているのですね。ちなみに日本以外では「マグニチュード」より「リヒタースケール」という言い方のほうが主流だそうです。

津波

これは日本語とは随分ちがいますね。中国語では

海啸
hăi xiào

と言います。

「啸 xiào」というのは、「口笛を吹く」とか「(鳥や獣が)うなる」というような意味らしいので、海がうなり声を上げるようなイメージなのでしょうか。

液状化現象

地震が起こると、埋立地では液状化現象が起こるとよく言われますね。今回もそういうことがあったとききます。
中国語では

液化现象
yè huà xiàn xiàng

と言っているようです。

原発

地震とは直接関係ありませんが、東日本大震災をきっかけとして問題になった「原子力発電所」、中国語では

核电站
hé diàn zhàn

原子炉は

(核)反应堆
(hé) făn yìng duī

(核)燃料棒のことは

(核)燃料棒
(hé) rán liào bàng

使用済み核燃料棒は

乏燃料棒
fá rán liào bàng

果たして中国では東日本大震災をどう伝えていたのか、また、中国でも四川省等で地震が起こっていますがどんなふうに報道されているのか、ぜひ中国の新聞やニュースを見聞きしてみてください。

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧