翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第211回否定の言葉の位置

2014.10.29
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

中国語って文法は単純と言われるけど、実はそうでもないですよねー。「了」も分からないことがいっぱいありますし、補語はどれも結構難しいです。

そして意外とややこしい、否定の言葉の位置。今日はちょっとこれについて語ってみたいと思います。

次の文を否定文にしてみましょう。

我吃面包。
wŏ chī miàn bāo
私はパンを食べます。

我很忙。
wŏ hěn máng
私は忙しいです。

そうですよね。動詞「吃chī」や形容詞「忙máng」の前に「不」を置けばいいのです。つまり:

我不吃面包。
wŏ bù chī miàn bāo
私はパンを食べません。

我不忙。
wŏ bù máng
私は忙しくありません。

では、次の文ならどうなりますか?

我给他打电话。
wŏ gěi tā dă diàn huà
私は彼に電話をかけます。

我家离学校很远。
wŏ jiā lí xué xiào hěn yuăn
私の家は学校まで遠いです。

この2文は、いずれも前置詞句がありますね。こういう場合は、述語が動詞か形容詞かで対応が変わります。とりあえず答えを見てみましょう。

我不给他打电话。
wŏ bù gěi tā dă diàn huà
私は彼に電話をかけません。

我家离学校不远。
wŏ jiā lí xué xiào bù yuăn
私の家は学校まで遠くありません。

と、まぁ動詞の場合と形容詞の場合で対応が違うのは少々面倒ですが、ここまではややこしくないと思います。でも次のような現象もあるのですよ。

「我在家吃饭。」という文の否定は、ふつうは前置詞「在」の前に「不」を置いて

我不在家吃饭。
wŏ bú zài jiā chī fàn
私は家でご飯を食べません。

となるのですが、「我在家不吃饭。」という言い方もありえなくはありません。(但し、この場合の意味は「私は家では、飯は食べない。(麺類は食べる)」というようになります。)

また形容詞の方もちょっと例外があります。

「我跟他一样。」という文の否定は、ふつうは形容詞「一样」の前に「不」を置いて

我跟他不一样。
wŏ gēn tā bù yí yàng
私は彼と同じではありません。

となるのですが、「我不跟他一样。」と言えなくもありません。(但し、この場合、「彼とは違うのだ」ということを強調した言い方になるようです。)

形容詞の場合、「同じだ、似ている」というような意味の形容詞の場合のみこういうことが起こるようで、上記の例「我家离学校不远。」を「我家不离学校远。」と言うことは無いそうです。

ちょっとややこしいですね〜。まぁいずれにせよこの例外の表現は、特殊な場合ではあるので、そんなに心配は要りませんけどね。

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧