翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第237回パンダの名前

2015.05.06
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

皆さんもきっと大好きであろうパンダ、本当にかわいいですよね。中国原産の珍獣で、絶滅危惧種とされ、中国もその保護に力を入れているようです。

"さて、数年前、上野動物園のパンダが赤ちゃんを産んだ時、どこかの放送局が街行く人々に「生まれてきたパンダの赤ちゃんに名前をつけるとしたらどんな名前がいいですか?」という質問をしていました(笑)。すると、こんな答えが返ってきました。

サンサン(陽陽)「お日さまがサンサンと照っている感じで」

ライライ(来来)「かわいいから」

しかし、どうしてパンダの名前というと、同じ音の繰り返しになるのでしょうかねー。

2011年に上野動物園にやってきた2頭のパンダの名前も、人々から募集して決定したところ、結局オスは「力力(リーリー)」、メスは「真真(シンシン)」となりました。

余談ですが、「力力」を「リーリー」と読ませるのは、中国語読み(lì lì)ですね。日本語なら「リキリキ」となるところですからね。しかし、メスの「真真」は日本語読みで「シンシン」と呼んでいます。中国語読みなら「zhēn zhen」ですからね。どっちかに統一すればいいのに〜と思うものの、まぁ「リキリキ」よりは「リーリー」のほうがかわいいし、「zhēn zhen」は日本人には難しい発音だから、仕方ないのかな。。。

話を元に戻します(笑)。

どうも日本人は、パンダの名前と言えば、同じ音の繰り返しでなければならない、という固定観念があるようですね。それは、今まで日本にいたことのあるパンダたちがみんなそういう名前だったからなのでしょう。

ちょっと上野動物園にいた歴代パンダの名前を見てみましょう。

  • カンカン(康康 kāng kang)♂
  • ランラン(兰兰 lán lan)♀
  • ホァンホァン(欢欢 huān huan)♀
  • フェイフェイ(飞飞 fēi fei)♂
  • チュチュー(初初 chū chu)♂
  • トントン(童童 tóng tong)♀
  • ユウユウ(悠悠 yōu you)♂
  • シュアンシュアン(漢字名不明)♀
  • リンリン(陵陵 líng ling)♂

"御覧の通り、見事にすべて、同じ音の繰り返しになっていますね!このうちチュチューとトントンとユウユウは日本生まれなので日本人がつけたのかもしれませんし、シュアンシュアンはメキシコ生まれなのでメキシコ人がつけた名前かもしれませんが、それ以外は中国生まれです。だから、どうしても日本人は、パンダの名前というと「同じ音の繰り返しにしなきゃ!」と思ってしまうのでしょうね〜。

確かに、中国語では、同じ音の繰り返しがよく出てきます。動詞でも形容詞でも、そして人の名前でも。愛称はよく名前の1部の字を繰り返していますよね。「佳佳 jiā jia」「飞飞 fēi fei」「军军 jūn jun」などを聞いたことがあります。

中国人の名前(苗字でなく下の名前)は、1〜2文字です。ご存知のとおり、中国語の名詞は1文字のものは少ないですね。1文字だと座りが悪いという傾向があります。人の名前も同じで、1文字だと少し困るわけです。だから、だれかを呼び掛ける時は1文字ではなく、苗字と合わせて2文字にして呼びかける(つまりフルネームで呼ぶ)とか、名前部分だけを2回繰り返すことで2文字にするとか、そういうことをするのです。だから、別にパンダだけではなく、人間の名前だって、呼び掛ける時は同じ音を繰り返すということが結構頻繁に行われているのです。動物の名前も同じこと。パンダに限ったことではありません。

それに、中国のパンダの名前だって、別に同じ音の繰り返しばかりではないのです。だって、リーリーだって元の中国名は「比力 bĭ lì」、シンシンは「仙女 xiān nǚ」でした。2頭とも、同じ音の繰り返しになっていませんよね。

中国の他のパンダたちの名前を見ても、同じ音の繰り返しでない名前が結構います。例えば:

  • 思雪 sī xuě
  • 宝乐 băo lè
  • 美茜 měi qiàn
  • 美欣 měi xīn
  • 思嘉 sī jiā

…などなど

もちろん、同じ音の繰り返しになっている名前もありますが、必ずしも本場中国では同じ音の繰り返しにこだわっているわけではないようです。

まして、日本に来たパンダに日本での名前をつけようと言うのに、別に中国風(と勝手に日本人が思っている)の名前をつけなくてもいいのに〜って思いますよね〜(笑)。

まぁ、でも、日本人にとっては、最初のランランとカンカンのイメージがすごく強いんでしょうね〜。それに同じ音を繰り返すと、確かにかわいいですもんね(笑)。

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧