翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします
Language

翻訳コラム

COLUMN

第313回杜丘

2016.11.23
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

日本の俳優、高倉健さん、2014年に亡くなりましたね。

個人的には特に大きな思い入れがあったわけではありませんが、これでまた1つ、昭和が遠くなったなぁという感じがしましたっけ。もちろん、高倉健さんは晩年まで現役で活躍されていたので、平成の俳優さんでもあったわけですが。

亡くなった当初、高倉健さんを偲ぶ番組がたくさん放送されましたね〜。いくつかの報道番組では、中国でも高倉健逝去のニュースが大きく取り上げられている、と伝えていました。

意外だと思われた方も多かったのではないでしょうか?

確かにわりと最近(といっても2005年の映画ですから10年近くたちますが)、日中合作の「単騎千里を走る」(中国語題名:千里走单骑 qiān lĭ zŏu dān qí)という映画があり、高倉健さんが主演されていましたね。

でもそれよりもず〜〜〜っと前から、高倉健さんは中国では有名人だったのです。僕が留学に行っていた20数年前ですら、誰でも高倉健さんのことは知っていました。

僕が留学に行っていた頃、中国人の中で有名だった日本人と言えば、高倉健さん以外だとこんな人たちがいました。

空海 kōng hăi(いわゆる弘法大師様、留学僧として中国で密教を治めた)
田中角荣 tián zhōng jiăo róng(田中角栄、日中国交正常化時の日本の首相)
山口百惠 shān kŏu băi huì(山口百恵、ドラマ「赤い疑惑(血疑 xuè yí)」などで有名)

皆さんそれぞれ中国で有名になる理由があり、納得ですね〜。では、高倉健さんはどうして中国で有名になったのでしょうか?

これは、ある日本映画が中国で大ヒットしたからです。

ある年齢層より上の中国人に尋ねれば、恐らく誰でも知っている、というくらいの大ヒットです。その映画の中国語題名はこういうものでした。

追捕
zhuī bŭ

この題名を聞いても、もう1つピンときませんよね?(笑)

では、日本語原題はなんというか、というと、「君よ憤怒の河を渉れ」だそうです。

やっぱりピンときませんかね(苦笑)。僕もこの映画は全然知りませんし見たこともありません。しかし中国では大ヒットし、高倉健さん演じる「杜丘冬人」という主人公がもてはやされたのだそうです。

ある報道番組が中国の街中でのインタビューで高倉健さんの写真を中国人たちに見せていましたが、みんな本名の「高倉健(高仓健 gāo cāng jiàn)」ではなく「杜丘 dù qiū」と言っていました。それはその映画の主人公の苗字(杜丘…もりおか)だったのですね。

中国人と話していると、時々「こいつは日本人なんだから当然知っているだろう」ということで、いきなり「追捕」とか「杜丘」という言葉が出て来ることがあったりします。映画の中国語題名「追捕」とか、登場人物の名前「杜丘」などと言われても、こちらはさっぱり分かりません。ましてや中国語の発音で言われたら、もうお手上げですよね(笑)。

でもこういう時に、せめてそれが何のことかだけでも知っていると、コミュニケーションがスムーズになるので、どんな知識でも役に立つのだなぁと思いますね。

ところで、高倉健さんの件と同じように、ある程度の年齢層の中国人ならだれでも知っている日本のドラマがあります。皆さんは、中国人からこんな日本人の名前を話題に出されたことはありませんか?

小鹿纯子
xiăo lù chún zĭ

僕は、これが誰なのかさっぱり分からなかったのですが、中国人は「有名な日本のドラマの主人公だよ。ほら、バレーボールのドラマだよ。」と言ってきます。バレーボールのドラマと言われて思いついたのは「サインはV」だったのですが、この中に「小鹿純子」という人がいたかどうかも僕は知りません。結局その場では分からなかったのですが、あとで調べてみてようやく分かりました。

燃えろアタック
中国語題名:排球女将 pái qiú nǚ jiàng

バレーボールをテーマにしたスポ根ドラマだそうです。日本ではそんなに話題にならなかったような気がしますが、中国では大ヒットしたそうです。そしてこのドラマの主人公は、「小鹿ジュン」なのですが、中国語では「小鹿纯子」とされていたそうで、「小鹿ジュン」を演じていた荒木由美子さんは中国では、本名ではなく「小鹿纯子」という名前で非常に有名なのだそうです。

こういうものを全てカバーすることは到底不可能ですが、中国人が日本のどんなことをよく知っているか、ある程度知っておくとコミュニケーションがスムーズになることも多々あるので、雑学力って大切だなぁと改めて思いました。お互い頑張って雑学を仕入れておきましょうね〜。

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧