翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします
Language

翻訳コラム

COLUMN

第332回Why Chinese people

2017.04.12
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

僕は昔から結構お笑いが好きです(笑)。自分では面白いことはあまり言えないのですが、漫才やコント、吉本新喜劇などを見るのは大好きです。

さて、皆さんはこんな芸人さんをご存知ですか?

厚切りジェイソン

1人でやっているピン芸人で、アメリカ人です。日本語を勉強中に疑問に思った漢字のことをネタにしていて、とても面白いです。例えば:

一、二、三、、、はは〜ん、パターン見えたよ!漢字カンタンね〜!
と思わせといて四!
Why Japanese people ?!わざとだろう、この罠!

確かに、数字の3までは簡単なのに、4以上はイレギュラーの連続ですからね〜(笑)。

他にも伊藤が笑ったネタとしてはこんなのがありました。

「金」に「同じ」と書いて「銅」。
はは〜ん。どっちにしようかな、金と銅、どちらも同じだもんね〜、、、ってならないから!おかしいだろう!Why Japanese people ?!

まぁこれはねー。「同」は音を表しているだけで意味は表していないんだけどね〜。でも笑いました(笑)。

でも厚切りジェイソンさんに言いたいことが一つ。漢字は中国で作られたものですから、疑問を持っても日本人を責めないでください(笑)。中国に行って「Why Chinese people ?!」って叫びながらネタをやったら、どうでしょうね、ウケるかな?(笑)

というわけで、ウケるかどうかはともかく、僕も中国人に向かって叫んでみたいと思います。

もう何と言っても文句言いたいのはピンインですよね!ローマ字気分で見たまま読んでもダメ、英語風に読んでもダメ、みたいなものが結構あります(笑)。

例えば「船」という字と「全」という字。ピンインだと:

「船 chuán」「全 quán

この2つの字の発音の母音部分を見てください。どちらも「-uan」と書いてありますよね?でもこの2つの母音、違う音なのです。

そう、後者の「quan」の「-uan」は、本当の発音は「u」の上に「‥」のついた音。つまり「ü(uのウムラウト)」ですから、無理にカタカナで書くと「quan」は「チュエン」に近い発音になります。

それに対して前者「chuan」の母音「-uan」は正真正銘、本物の「-uan」です(笑)。ですからこの発音を無理にカタカナで書くと「チュアン」のようになります。

つまり、ピンインの綴りが同じ「-uan」であっても、「ウアン」のようにと読む時と「ユエン」のように読む時があるということです。

それをどうやって見分けるかというと、その前に着いている子音によって見分けます。

「ü(uのウムラウト)」は、その前に着く子音が結構限られています。「n」「l」及び舌面音と呼ばれる「j」「q」「x」。あと、子音ではありませんが、子音が着かない時に表記される「y」。これらしかありません。

そして、「y」の時と舌面音「j」「q」「x」の後ろに「ü」が着く時は「‥」を書かず「u」とのみ表記することになっています。これら4つの字の後ろに「本物のu」が来ることはないので、混乱しないだろうということらしいです。

Why Chinese people ?!!!!!混乱するちゅうねん!(笑)

まぁそう決まってしまったのだから仕方ないですね。

つまり例えば、「女」という字の発音は「n」+「ü」で、実際のピンイン表記も「nǚ」とし、「努nŭ」と区別するのですが、「去」という字は「q」+「ü」なのに、実際の表記は「qǚ」とはせず「qù」と書かれるのです。

同じことが「ü」を伴った鼻母音にも見られます。「ü」を伴った鼻母音は「-üan」と「-ün」がありますね。これらの前に着く子音、実は「y」(これは子音ではありませんが)と舌面音の「j」「q」「x」しかありませんが、これらの後に「ü」が来る時は「ü」の「‥」を書きませんから、事実上この2つの鼻母音が「‥」を伴って表記されることはないのです。つまり:

「绢」は「j」+「üan」ですが実際の表記は「juàn」
「全」は「q」+「üan」ですが実際の表記は「quán」
「选」は「x」+「üan」ですが実際の表記は「xuăn」
「元」は「子音無し」+「üan」ですが実際の表記は「yuán」

本物の「uan」の字と比べておきましょう。
「段」は「d」+「uan」で実際の表記も「duàn」等

そして「-ün」に到っては少しややこしいことがあります。これも前に「y」「j」「q」「x」が着くと「-un」と表記されてしまうのですが、他の子音の後にも「-un」と表記されていることが結構あるのです。でも鼻母音の中に「-un」というのはありません。一体どういうことでしょうか。

実は、「y」「j」「q」「x」以外の子音の後に「-un」と表記されている場合、その「-un」の本当の音は「-uen」という鼻母音なのです!

「军」は「j」+「ün」ですが実際の表記は「jūn」
「群」は「q」+「ün」ですが実際の表記は「qún」
「迅」は「x」+「ün」ですが実際の表記は「xùn」
「云」は「子音無し」+「ün」ですが実際の表記は「yún」
「春」は「ch」+「uen」ですが実際の表記は「chūn」
「婚」は「h」+「uen」ですが実際の表記は「hūn」
「困」は「k」+「uen」ですが実際の表記は「kùn」

Why Chinese people ?!!!!!モウワケワカンナイヨ!(笑)

最初から完全に理解するのは難しいと思いますが、ある程度ピンインに慣れてきたら、ちょっと振り返って、こう表記しているけど本当の発音はなんだっけ?と思いだしてみることも必要ですね。あ〜ややこしい!(笑)

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧