翻訳会社 インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

「英語で語る」日本の特許出願実務

弁理士で翻訳家である奥田百子氏による「英語で語る」日本の特許出願実務。
特許用語には必ず対訳を用意いたします。本コラムから対訳を探したり、単語帳として活用いただけます。

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書

休載のお知らせ

「英語で語る」日本の特許出願実務は、著者が多忙のため、2017年3月より当面の間、休載いたします。