翻訳会社インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第8回特許業界も4月を迎え

2015.04.23
弁理士、株式会社インターブックス顧問 奥田百子

ブログを2週間休載してしまいました。翻訳の大量案件がありましたが、その間に4月を迎え日本の特許業界でも様々な変化がありました。
まず特許庁のホームページが変わり、これまでの特許検索をするための電子図書館(IPDL)から、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)になりました。といっても検索方法はほとんど変わっていません。「初心者検索」が「簡易検索」に名称が変わったなどの変化です。5月に発売される拙著「特許翻訳のテクニック第2版」(中央経済社)には、この新しいJ-PlatPatでの検索方法が書いてあります。
次に4/1から音や色の商標が出願できるようになりました。これは特許業界にとってかなりの変化です。メディアでもかなりこのニュースは取り上げられていますが、日本も遅ればせながら、色の商標や音の商標が出願できるようになりました。企業にはそれぞれイメージカラーがあります。あの会社はあの色、と思い浮かぶことが多いでしょう。
経済産業省の「新しいタイプの商標の公開商標公報が発行されました。」というニュースリリース(http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150414001/20150414001.html)によると、4月1日〜10日に新しいタイプの商標(音、色彩、位置、動き、ホログラム)の商標出願は515件も出願されています。商標はすぐ出願公開されるので、特許庁ウエブサイトJ-PlatPatで商標の出願公開公報を閲覧できます。
タカラトミーの列車おもちゃ用のレールの「青」(商標公開2015-29940号)、クリスチャンルブタンのハイヒールの裏の「赤」(商標公開2015-29921号)などが色の商標として出願されています。
これまでも十分に識別機能を果たしていたこれらの色ですが、登録されれば商標権が発生します。
今後は独占権が発生する企業のイメージカラーや音がますます、企業戦略のひとつとなるでしょう。

翻訳

My blog had not been placed on Interbooks Website for two weeks. I had been busy in a large number of translations, while April had come and various changes were made in the Japanese patent community.
Firstly, JPO website had changed and the IPDL on which patent searches had been conducted changed to Patent Information Platform (J-PlatPat), which search method is, however almost the same as that of IPDL, for example, change of names like “Beginners' Search" had changed to “Easy Search". My book titled “Technique for Patent Translation" (the second edition, Chuokeizai-sha Inc.) explains a new search method on J-Plat Pat.
Additionally, JPO started to accept trademarks applications for sound marks and color marks from April 1, 2015. This is a drastic change in the Japanese patent community. The media picked up and broadcasted this news. JPO belatedly acknowledged trademark applications for sound marks and color trademarks. Each company has its own company color. We are often reminded of “that color of that company".
According to a news release titled “Laying-Open Gazettes of New Types of Trademark Applications which was issued by Ministry of Economy, Trade and Industry (http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150414001/20150414001.html), as many as 515 trademarks applications for new types of trademarks (sounds, colors, positions, motions, holograms) were filed between April 1 and April 10. As trademark applications are laid open immediately, they can be browsed through J-PlatPat of JPO website. According to the new release, for example, “blue" of rails for toy trains was filed by TAKARA TOMY (Trademark Application Laid-Open No. 2015-29940), and “red" on the back side of the heels filed by Christian Louboutin (Trademark Application Laid-Open No. 2015-29921).
These colors have been fully functioning as distinguishing the owner companies so far but if registered as trademarks, exclusive rights shall occur.
Companies' colors or sounds to be registered as trademarks will increasingly be an important part of company strategies.

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書

  • ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語
  • 特許翻訳のテクニック
  • なるほど図解著作権法のしくみ
  • 国際特許出願マニュアル
  • なるほど図解商標法のしくみ
  • なるほど図解特許法のしくみ
  • こんなにおもしろい弁理士の仕事
  • だれでも弁理士になれる本
  • 改正・米国特許法のポイント