翻訳会社インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第69回シンガポール条約

2016.08.11
弁理士、株式会社インターブックス顧問 奥田百子

特許法条約(PLT)の話をしてきましたが、これと並んで商標に関してはシンガポール条約にも日本は加盟し、6月より発効しています。
欧米を中心とする現在37カ国と1国際機関(ベネルクス)が加盟しています。
この条約も手続きの簡素化、統一化を目的としています。シンガポール条約で加わった新たな規定のなかに期間を経過してしまった場合の救済(14条)があります。
これには2つの場合があります。

  1. 期間経過前の延長
  2. 期間経過後の延長

この規定を取り入れるため、日本でも商標の拒絶理由に対する意見書提出期間の延長ができるようになりました。延長するための合理的理由は必要ありません。 1.意見書提出期間前に1ヶ月の延長請求ができます。

意見書提出期間前に1ヶ月の延長請求ができます

2.この1ヶ月の延長請求後2ヶ月以内にさらに2ヶ月の延長ができます。

の1ヶ月の延長請求後2ヶ月以内にさらに2ヶ月の延長ができます

つまり合計で3ヶ月の期間延長ができます。

3.1ヶ月の期間延長請求をしていない場合でも、期間満了後2ヶ月以内に2ヶ月の期間延長請求ができます。

1ヶ月の期間延長請求をしていない場合でも、期間満了後2ヶ月以内に2ヶ月の期間延長請求ができます

特許は特許法条約、商標はシンガポール条約により、ますますユーザーフレンドリーになっています。

翻訳

Recently I have explained to you the Patent Law Treaty (PLT) and in parallel with this, today I will tell you about Japan joining the Singapore Treaty related to Trademark Law, which has been in effect since June.
37 countries are presently involved in this treaty, including the U.S. and countries across Europe, as well as one International organization (Benelux Office for Intellectual Property).
This treaty also targets the simplification and unification of application procedures. One of many new provisions added by the Singapore Treaty are softer regulations concerning term expiration dates. (Article 14)

  1. Extension before expiration of the due date
  2. Extension after expiration of the due date

In order to introduce these provisions, JPO has permitted term extensions for submitting an argument in response to reasons for trademark rejection without any reasonable grounds.
1.A one-month extension is available before term expiration when submitting an argument.

A one-month extension is available before term expiration when submitting an argument.

2.After this one-month extension, a further two-month extension is available within two months.

After this one-month extension, a further two-month extension is available within two months.

As a result, a three-month extension is available in total.

3.Even if a one-month extension has not been requested, a two-month extension is available within two months after term expiration.

Even if a one-month extension has not been requested, a two-month extension is available within two months after term expiration.

The patent and trademark systems have been becoming increasingly user-friendly according to the Patent Law Treaty and the Singapore Treaty, respectively.

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書