翻訳会社インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第85回技術的利用制限手段 その2

2016.12.01
弁理士、株式会社インターブックス顧問 奥田百子

再三伝えているように、TPPによる著作権法改正で「技術的利用制限手段の回避」が侵害とみなされることになります。これはたとえば加入者のみ視聴が許される放送をたとえばB-CASカードを改造して違法に視聴する行為が該当します
「技術的利用制限手段の回避」が侵害とみなされるのであり、不正視聴する行為の前段階の行為を侵害として抑えています。つまりアクセスコントロールの解除自体が侵害となるのであり、不正視聴が侵害とみなされると規定しているのではありません。
違法ダウンロードも著作権法違反ですが、これはたとえば第三者がショップで購入したCDに録音されている音楽を無断でインターネット上にアップロードする行為、そしてこれをその事情を知ってダウンロードする行為です。しかしここでも違法にアップロードしたした音楽を別の者が視聴することまでは著作権侵害とは規定されていません。
違法なものを「視聴する」ことまで抑えてしまうと、事情を知らないで視聴している者まで無限に処罰されることになるからでしょう。

翻訳

As was discussed repeatedly before in this blog, under the new copyright law amendments that came about due to the TPP agreements, all “avoidance of technical utilization restriction measures" shall be regarded as copyright infringement. These acts include, for example, modifying B-CAS cards to illegally view broadcasts that are permitted to be viewed only by subscribers.
“Avoidance of technical utilization restriction measures" shall be regarded as copyright infringement and shall be prohibited, and it has been generally accepted that this has been done as a means to combat previous acts of illegal viewing. Essentially, the new copyright law states that breaking access control could constitute copyright infringement, but it does not state that illegal viewing shall be regarded as copyright infringement.
Illegal downloading will still be counted as copyright infringement, but for example, in such an act where a third party buys a copyright CD and then uploads the copyrighted work to the Internet, and then someone else proceeds to download it, knowing full well the circumstances behind the CD, then such an act of downloading would be seen as copyright infringement. In this case, allowing others to “view" and “listen to" illegally uploaded music shall not be counted as copyright infringement under the copyright law.
This is because if “viewing" illegally copied works is prohibited, then people who viewed copyrighted works without the knowledge that they were illegal could then be punished without limitation.

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書

  • ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語
  • 特許翻訳のテクニック
  • なるほど図解著作権法のしくみ
  • 国際特許出願マニュアル
  • なるほど図解商標法のしくみ
  • なるほど図解特許法のしくみ
  • こんなにおもしろい弁理士の仕事
  • だれでも弁理士になれる本
  • 改正・米国特許法のポイント