翻訳会社インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第104回ブライダルにおける音楽の利用について話します

2017.06.15
弁理士、株式会社インターブックス顧問 奥田百子

今日はブライダルにおける音楽の利用について話します。JASRACがブライダルコンテンツの製作業者を提訴したというニュースがありました。
結婚式や披露宴での音楽の利用は何が著作権違反であり、何が違反ではないのでしょうか。JASRACウエブサイト「ブライダルでの音楽利用について」をご覧ください
http://www.jasrac.or.jp/info/bridal/index.html
音楽の演奏については、通常はホテルや結婚式場がJASRACに許諾をとっているので、披露宴や結婚式で音楽を演奏することにつき、新郎新婦や友人は自由に演奏できることが多いです(披露宴での友人のコーラス、ピアノ演奏など)。是非、式場やホテルに確認してみて下さい。
しかし音楽を複製することについてはJASRACや日本レコード協会(RIAJ)の許諾が必要です。たとえば市販のCDを録音しバックミュージックとしてプロフィールビデオを製作する、家族の思い出としてではなく、出席者に配るために披露宴の様子を録音、録画した記録ビデオを製作する場合です。このときブライダルに関しての著作権の手続きを行う一般社団法人音楽特定利用促進機構(ISUM)に委託することができます。この点は次回説明します。
前述したように演奏は自由に行えることが多いですが、市販の音源を録音する場合はJASRACの許諾が必要です。たとえばバックミュージックや歌唱の伴奏のために市販の音源を録音する場合です。
ブライダルでの音楽の利用は決して私的使用ではないことに注意してください。

翻訳

Today's topic is about the utilization of music for bridal scenes. JASRAC reportedly filed a lawsuit against a bridal contents maker.
There was a problem with violations of music copyrights at weddings and receptions, but what exactly was the nature of the problem?
For details, see the JASRAC website
“Utilization of music on bridal scenes"
http://www.jasrac.or.jp/info/bridal/index.html
As most hotels or wedding halls have already had licenses for the performance of music granted by JASRAC, wedding couples or their friends may ordinarily perform music without permission. (This would include things at receptions such as a performance from a chorus of friends, piano performances etc.) They are, however, strongly advised to confirm this with wedding halls or hotels.
On the other hand, obtaining permission from JASRAC or the Recording Industry Association of Japan (RIAJ) for copying music at bridal scenes is required. For example, cases where people are recording commercially available music CDs to make a profile video with background music, or people who are making a video of a wedding party with music that is for participants, rather than for family memories etc. Procedures for obtaining permission can be entrusted to the ISUM (Initiative for Special Uses of Music), which will be explained in my next blog in detail.
As described above, music can be performed without permission in most cases, but obtaining JASRAC's permission for recording commercially available music source is necessary, such as with recording commercially available music for background music or for the accompaniment of singers.
Please bear in mind that using music at bridal scenes is not for private use.

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書

  • ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語
  • 特許翻訳のテクニック
  • なるほど図解著作権法のしくみ
  • 国際特許出願マニュアル
  • なるほど図解商標法のしくみ
  • なるほど図解特許法のしくみ
  • こんなにおもしろい弁理士の仕事
  • だれでも弁理士になれる本
  • 改正・米国特許法のポイント