翻訳会社インターブックスの出版物「日本オーラル・ヒストリー研究 第6号」のご紹介

サービス

SERVICE

日本オーラル・ヒストリー研究 第6号

本書の目次より

  • 〈特集1〉アイヌのオーラル・トラディション
    • 特集にあたって 吉田かよ子
    • イヌ文化をみせる・伝える 秋辺日出男
    • 先祖の言葉をさぐって 大須賀るえ子
    • アイヌ語を覚えて、語るということ 川上将史
    • アイヌの世界-ヤイユーカラの森から 計良智子
    • 少数民族言語によるライフ・ヒストリーの記録:
      コメントに代えて 津曲敏郎
    • 伝えること、創ること-コメントにかえて- 清水透
    • 第7回大会シンポジウム報告者、討論者紹介
  • 〈特集2〉オーラリティにおける当事者性/非当事者性をめぐって
    • 序-第5回ワークショップの特集によせて 蘭 信三
    • オーラリティにおいて当事者性を問う意味 猪股祐介
    • 2000年代の「当事者」をめぐって 齋藤雅哉
    • 在日朝鮮人を研究する〈私〉のポジショナリティ-当事者性から個人的当事者性へ- 李洪章
    • 当事者であることの利点と困難さ-研究者として/当事者として 鈴木隆雄
    • 「当事者性の共有」可能性を探る 大城道子
    • 当事者と〈わたし〉 門野里栄子
  • 論文
    • ハンセン病療養所における相互扶助と統治-患者組織形成期における集団への個人の適応の側面から- 青山陽子
    • 家族における東京大空襲「経験」の語り-ライフヒストリーの重ね合わせを通して- 木村豊
    • 米国ジョージア州の"Foxfire”誌におけるオーラル・ヒストリーの変貌 藤井大亮
    • アルビノ当事者の「ゴーイング・マイ・ウェイ」
      -対処戦略の序列化を超えて- 矢吹康夫
  • 書評
    • 北村毅著『死者たちの戦後誌-沖縄戦跡をめぐる人びとの記憶』 舛谷鋭
日本オーラル・ヒストリー研究 第6号
  • 日本オーラル・ヒストリー学会編集委員会 編
  • B5判 200ページ 並製
  • ISBN978-4924914476
  • 税抜:1,852円(税込:2,000円)