翻訳会社インターブックスの出版物「多文化関係学 vol.7」のご紹介

サービス

SERVICE

多文化関係学 vol.7

本書の内容

コミュニケーション、心理、教育、ビジネス、環境、文化などを多面的にアプローチするこれまでの学問体系を横断的に切り開く未来志向の学術誌。

本書の目次より

  1. 活動のつながりと文化の創造
    Networking of Activities and Creation of Culture
    稲葉光行 Mitsuyuki Inaba
  2. 文化にどう迫るか-「道具」の全集合としての文化-
    Investigating the Role of Culture in Human Mind and Action: Culture as an Aggregate of "Tools”
    抱井尚子 Hisako Kakai
  3. 自己概念の媒介性-心理学的文化研究における因果推論の観点から-
    Mediating Functions Embedded in Self-Concepts: From a Perspective of Causal Inference in Psychological Studies About Cultures
    田崎勝也 Katsuya Tasaki
  4. 「スキーマ」を通して、文化はどのように我々の認知や行動に影響を与えるのか
    How Culture Affects Our Cognition and Behavior Through the "Schemas”
    守崎誠一 Seiichi Morisaki
  5. スピーチコミュニティ-生成される文化をとらえる媒介物-
    The Speech Community: In Pursuit of Cultures Being Textualized
    石黒武人 Teketo Ishiguro
  6. 言語・認知・実践の結節点としてのメタファーと文化の連環
    Metaphor-Culture Nexus at the Intersection of Language, Cognition, and Practice: Perspectives from Here and Now
    永井那和 Tomokazu Nagai
  7. 文化的生成過程を媒介する「声」の役割
    -応答性、異質性、関係性を読み解く-
    The Role of Voice in Mediating Cultural Generation Processes: Identifying Responsivity, Differences, and Relationality
    小坂貴志 Takashi Kosaka
  8. インターネットを活用した異文化間の協働を促す学習環境デザイン
    -実践共同体の組織化の視座から-
    Designing a Learning Environment for Nurturing Cross-Cultural Collaboration with the Internet: A Viewpoint from the Theory of "Community of Practice”
    岸磨貴子・今野貴之・久保田賢一 Makiko Kishi/Takayuki Konno/Kenichi Kubota
  9. 外国人青年がホスト社会にもたらす気づき-表現活動における発話分析-
    Awareness Brought to the Host Society by Youths Who have orginated in Foreign Countries: An Analysis of the Speeches the Performance Activities
    落合知子 Tomoko Ochiai
多文化関係学 vol.7
  • 多文化関係学会学会誌編集委員会事務局 編
  • B5判 並製
  • ISBN978-4-924914-22-3
  • 税抜:3,000円(税込:3,240円)