翻訳会社インターブックスの出版物「いろはにほへと(二)」のご紹介

サービス

SERVICE

鎌倉円覚寺 横田南嶺管長 ある日の法話より いろはにほへと(二)

序文より

「いろはにほへと」の第二集を出すという。表紙は円覚寺の妙香池に飛来したカワセミの写真である。カワセミは池の小魚を狙って、朝誰もいない頃 に見かけるが、よく撮影できたものである。さて、このカワセミが狙っているのは何だろう、「二匹目のドジョウ」であろうか。  イエス・キリストは空の鳥を見よと言われた。聖フランシスコは小鳥を相手に説教したという。昔の高僧もまた鳥たちと共に坐った。円覚寺の開山堂 にお祀りする仏光国師像にも、右の肩の後ろに二羽の鳩がとまっている。  私が京都の僧堂にいた頃、境内にはたくさんの鳩がいた。人が近づけばもちろん逃げてしまう。ある朝、境内を掃き掃除していると、同僚が頻りに私 の頭を指さす。はて何事かと思うと、鳩が私の頭にとまっていた。頭が重たい気がしたはずだ。鳩だと意識した瞬間に鳩は飛んでいった。ほんの一時、 無心で掃除をしていたのかもしれない。  カワセミを撮影するのも難しいが、寺にはもっと難しい鳥がいる。その鳥は「サトリ」という。「サトリ」はどんなカメラにも写りはしない。絵にも 描けない。意識すればもう飛んでいってしまう。「サトリ」は難しい。しかし、何かひとつのことに無心に打ち込んでいるとき、そこに「サトリ」は現れるかもし れない。ふしぎな鳥である。(横田 南嶺)

本書の目次より

  • 一番近くにある大自然
  • 無常について
  • 自分を抜きにして
  • 気づくこと
  • 一つの塵の中にだも
  • 底のない桶で
  • 生きることが何よりの供養
  • 延命十句観音経
  • 牛を飼い馴らすように
  • 獅子奮迅
  • 念に気づく
  • 何もかもなげうって
  • 海の中の魚の喩え
  • 判断をする時
  • 千手観音
  • 教えないという教え方
  • 無心のはたらき
  • 成仏の姿
  • 天下の蔭涼とならん
  • 自分で判断せよ
  • どんな時代であっても
  • 腰骨カウンセリング
  • 三つの力
  • 気持ちを込める
  • 生きる道のよすが
いろはにほへと(二)
  • 円覚寺居士林 編
  • 四六判 94ページ オールカラー
  • ISBN978-4-924914-15-5
  • 発行:円覚寺
  • 発売:インターブックス
  • 税抜:700円(税込:756円)