翻訳会社インターブックスの出版物「0の幸せ 幸せは今、ここに」のご紹介

サービス

SERVICE

0の幸せ 幸せは今、ここに

本書の内容

長年KBS(韓国放送公社)でアナウンス室長を務めた著者による仏教入門書の邦訳版。禅も中道も中庸も、日本の美学である侘びも寂びもすべて「0の幸せ」であるという。韓国発の刺激的な仏教入門書。

著者

李圭恒(イギュハン)

1939年、ソウル生まれ。高麗大学国文科卒業。KBSアナウンス室長などを歴任。現役時代はスポーツキャスターとして野球、柔道、シルム(韓国相撲)などを中継。1993年、ハングルの日・大統領表彰受賞。現在、ポムン・アナウンスアカデミー教育諮問委員。著書『標準韓国語発音辞典』『アメリカ野球』など。

本書の目次より

  1. アメリカ西部旅行で金君に会う
  2. 仏陀の悟り
  3. 病床生活で発見した0の幸せ
  4. 仏陀は人生を発見したコロンブス
  5. 禅とは
  6. 仏教は両翼の飛行機
  7. 仏教の本質は「虚無/無常」ではない
  8. 仏陀の最初の説法
  9. 有の無と、無の有
  10. 仏陀は心の内を以心伝心で伝える
  11. 仏陀の入滅後、経・律・論を整理
  12. 韓国で最初に0が現れる文献「禅家亀鑑」
  13. テーマミュージック0が円と手印に変奏
  14. 顕教と密教
  15. 人生の三大要素、真理・性愛・実利
  16. 念仏はふるさとへ帰る道
  17. 集中・無心・一所懸命
  18. まねすることのできない聖職者の戒律
  19. 今、ここを生きる
  20. 地球は地上美術館、音楽の殿堂
  21. 仏教は生活哲学だ
  22. 中道と中庸は双子の生活哲学
  23. 中道と中庸は中間ではない
  24. 生活の中の中道・中庸
  25. 老荘思想と仏教
  26. 無為と道は0の幸せ
  27. 0は東西精神のヒマラヤ峰
  28. 金寿煥枢機卿と法頂禅師
  29. 未来の宗教は仏教
  30. 仏陀、悟りの動機はご飯の味
  31. 仏陀の師はご飯
  32. 米の語源は「菩薩」、「舎利」はご飯
  33. 0の食べ物
  34. +1以上の快楽もなく-1以下の苦痛もない
  35. お茶と禅
  36. 半跏思惟像の微笑は解脱の瞬間の得意の微笑
  37. 慶州石窟庵、釈迦本尊仏は中道の微笑
  38. 侘び、寂びは0の幸せ
  39. 岡山、静岡は0の幸せ
  40. 円い地球から円い太陽と月を見、0の味を味わいながら0に戻って行く
  41. 体は心を入れる容器
  42. 数字の世界に遅ればせに編入された0が数字の王になる
  43. 0はなぜ円なのか
  44. 私の数学的仏教観
  45. 衆生とけだもの
  46. 徳を施せば得になって帰ってくる
  47. 仏教的な地名ラックナウ
  48. 忘れ得ぬ人々
  49. Life is feeling
  50. 現住所は「いま市ここ町0番地」
  • 終わりに 虎を描こうと思ってハイエナになってしまった
0の幸せ 幸せは今、ここに
  • 李圭恒 著
  • 藤本敏和 訳
  • A5判 212ページ 並製
  • ISBN978-4-924914-13-1
  • 税抜:1,600円(税込:1,728円)