翻訳会社インターブックスの出版物「いろはにほへと(三)」のご紹介

サービス

SERVICE

鎌倉円覚寺 横田南嶺管長 ある日の法話より いろはにほへと(三)

序文より

ご縁のままに
私は少年のころよりお寺に通って坐禅をしていました。どうしてですかと、よく聞かれますが、不思議なご縁に 導かれてというよりほかありません。そして学生時代に出家して、大学卒業と同時に修行道場に入り、ずっと坐禅を続けています。
管長というお役をいただいてからも、毎日の暮らしの基本は、修行道場のころのままであります。
坐禅だけしかしていないという、今日の社会から見れば、極めてかたよった暮らしをしてきました。そんな私が、ご縁のままに話しをしてきました。はたしてどれだけお 役に立っているのか、いつも忸怩たる思いがしています。
それが、不思議なご縁で、三年ほど前に『いろはにほへと』と題して、その話を一冊の本にまとめてくれました。全くの世間知らずの言葉が、意外にも受け入れられたのか、この本が多くの方々にお読みいただかれるようになりました。
そこで、『いろはにほへと』第二集を一昨年に出しました。あのカワセミの表紙の本でした。これも多くの方々にお読みいただいたようで、有り難く思っています。
このたび、さらに『いろはにほへと』第三集を上梓していただくことになりました。もうそんなに新しい話も無く、同じような事の繰り返しではと申し訳なく思い、上梓をためらっていましたが、表紙になる予定の写真を見せられて、気が変わりました。縁側でごろんと横になっている猫の写真です。
「これはいい。この写真を見てもらうだけで第三集を出す意義が十分にある」と思いました。
縁側にごろんと横になってくつろいでいる猫、大自然の中に抱かれてゆったりとくつろぐあの姿に、すべてが説き尽くされています。この表紙だけをご覧いただければ、私のつまらぬ話はもはや無用でありましょう。
ご縁のままに話しをして、ご縁のままに『いろはにほへと』を第三集まで出していただきました。デザインを凝らしてくださった田中勉さんには感謝申し上げます。また内田一道和尚も、よくまとめてくれました。不思議なご縁にただただ感謝するばかりであります。(横田南嶺)

本書の目次より

  • 禅宗の本分
  • 「この虚空をみよ」
  • 無功の功 、無力の力
  • 罪の意識
  • 対機説法
  • 「南無地獄大菩薩」
  • 妙な世の中になった
  • 悩むカエルがいたら
  • 目一つ達磨
  • 生きねばならぬ
  • 我を忘れて人のため
  • これからのお寺のあり方
  • 天上天下唯我独尊
  • 念が起こったらそれに気づけ
  • 決して離れることはない
  • 人の命の長さ
  • ぬるま湯の修行
  • 因陀羅網
  • 種智を円にせんことを
  • いのちあればこそ
  • うたたねの
いろはにほへと
  • 円覚寺居士林 編
  • 四六判 96ページ オールカラー
  • ISBN978-4-924914-52-0
  • 発行:円覚寺
  • 発売:インターブックス
  • 税抜:700円(税込:756円)