翻訳会社インターブックスの出版物「多文化関係学 vol.14」のご紹介

サービス

SERVICE

多文化関係学 vol.14

本書の内容

コミュニケーション、心理、教育、ビジネス、環境、文化などを多面的にアプローチするこれまでの学問体系を横断的に切り開く未来志向の学術誌。

本書の目次より

  • 国フェスに見るディスコースの共有と転換
    -ミャンマー祭りを事例として-
    Shared Discourses and Related TransitionaI Points in Nation-Specific Festivals in Tokyo: A Case of the Myanmar Festival
    猿橋順子・岡部大祐
    Junko Saruhashi/Daisuke Okabe
  • ニュージーランドのESOLと移民・難民生徒の包摂
    -中等教育における実践と課題-
    ESOL in New Zealand and the Inclusion of Students of Migrant and Refugee Backgrounds: Practices and Problems in Secondary Schools
    柿原 豪
    Goh Kakihara
  • 国内で活動する多文化研究チームにおける
    日本人リーダーの認知的志向性とその動態
    -修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによりモデルの構築-
    Cognitive Orientation and Dynamics of Japanese Leaders in Multicultural Research Teams Based in Japan: A Model Constructed Through a Modified Grounded Theory Approach
    石黒 武人
    Taketo Ishiguro
  • 日本人ホストはムスリム留学生とどのように対人関係を築くのか
    -関係の形成・維持の工夫と葛藤に関する事例的研究-
    How Does a Japanese Host Form Interpersonal Relationships With Muslim International Students?: A Case Study of Cross-Cultural Conflicts and Efforts to Build and Maintain Healthy Relationships
    中野祥子・田中共子
    Nakano Sachiko/Tomoko Tanaka
  • 「繋ぐ」実践について考える
    -NPOにおける医療通訳コーディネーターへのインタビューから-
    Connecting People in Need: An Analysis of Interviews with NPO Medical Interpreting Service Coordinators
    灘光 洋子
    Yoko Nadamitsu
多文化関係学 vol.14
  • 編集:多文化関係学会学会誌編集委員会事務局
  • ISBN978-4924914292
  • 税抜:1,800円