サービス

SERVICE

ウクライナ戦争の衝撃

本書の内容

2022年2月24日、ロシアはウクライナに軍事侵攻した。世界は驚愕、不安、悲憤を抱えながら「ウクライナ戦争の衝撃」を如何に受け止めたのか。米国、中国、豪州、ASEAN諸国の外交と安全保障、ロシアによる「侵略」の論理に迫り、日本の針路を問う。日本を取り巻く戦略環境の現状とその行く先を防衛研究所の俊英5人の眼で迫る。

著者について

  • 増田 雅之〈編著〉
    防衛研究所 理論研究部 政治・法制研究室長/専門分野:現代中国論、国際関係
  • 新垣 拓
    防衛研究所 地域研究部 米欧ロシア研究室 主任研究官/専門分野:米国の安全保障
  • 山添 博史
    防衛研究所 地域研究部 米欧ロシア研究室 主任研究官/専門分野:ロシア安全保障、国際関係史
  • 佐竹 知彦
    防衛研究所 政策研究部防衛政策研究室 主任研究官/専門分野:国際関係論、アジア太平洋の安全保障
  • 庄司 智孝
    防衛研究所 地域研究部 アジア・アフリカ研究室長/専門分野:東南アジアの安全保障と国際関係

目次

  • 第1章 ウクライナ戦争と米国 ― 強まる大国間競争の流れ
  • 第2章 ロシアのウクライナ侵攻 ― 旧ソ連空間と国際規範への大惨事
  • 第3章 「ウクライナ危機」と中国 ― 変わらぬ中露連携、抱え込むリスク
  • 第4章 ウクライナ戦争と豪州 ― 民主主義vs.「専制の弧」
  • 第5章 ウクライナ情勢とASEAN ― 競合し、錯綜するプライオリティ
  • 第6章 座談会「ウクライナ戦争の衝撃」―「変わる世界」と「変わらない世界」
ウクライナ戦争の衝撃
  • 増田雅之 編著
  • 新書判 172頁 並製
  • ISBN-13: 978-4924914773
  • 1,210円(本体1,100+税)