英語で味わう日本の詩~坂村真民編

神無月・2月の詩 黄梅院

横田南嶺老師揮毫、坂村真民さんの詩です。
円覚寺山内・黄梅院の山門下にある掲示板にて、実物はご覧になれます。

石が語る
声なき声こそ
真実の声である
石が綴る
文字なき文字こそ
真実の詩である
石の沈黙よ
沈黙からくる
充実を学びとろう

―坂村真民全詩集第二巻 愛石喝より

It is non-vocal sounds made by rocks that can truly be called vocal utterance.
It is supersensory writing composed by rocks that can truly be called poetry.
Look at those rocks, speechless and mute.
Learn to appreciate the sensibility enriched by absence of sound.


―The Complete Poetic Works of Sakamura Shinmin, Volume 2, Rock-loving Applause
―English translation: Sakai Takahiko
―English consultation: Paul Dargan

12月の詩(ご朱印お守り受付所の掲示板)

総門のご朱印・お守り受付の奥に 管長揮毫の坂村真民さんの詩が掲げられています。
ご来山の折にどうぞご覧ください。

大木は
いつも瑞々(みずみず)しい
それは
いつも伸びようと
しているからだ
菩薩は
つねに若々しい
それは
つねに夢を持って
いられるからだ

―坂村真民

Towering trees always look fresh as paint.
This is because they always put forth unrelenting effort to grow vigorously.
Bodhisattvas always look young.
This is because they always pursue their dreams for the future.


―Sakamura Shinmin
―English translation: Sakai Takahiko
―English consultation: Paul Dargan