翻訳会社インターブックスは品質、スピード、価格で中国語翻訳にお応えします
Language

翻訳コラム

COLUMN

第334回「就」の発音

2017.04.26
通訳・翻訳家 伊藤祥雄

中国語の発音記号である「ピンイン」、色々と難しいことがありますよね?書いてある通りに読めばいいかというと、そうではない場合もあります。これがとてもやっかいですね。

例えば:

(眠い)
kùn

この「-un」という部分、本当は「uen」という鼻母音です。前に子音がつくと「-un」と綴ることになっていますが、「e」の音が完全に消えるわけではありません。ですから「クン」ではなく「クェン」に近くなります。


(高価だ)
guì

この「-ui」という部分、本当は「uei」という三重母音です。前に子音がつくと「-ui」と綴ることになっていますが、「e」の音が完全に消えるわけではありません。ですから「グイ」ではなく「グェィ」に近くなります。

こういう「前に子音がつくと」綴りが変わるもの、といえば、これも忘れてはいけません。

そう、「iou」という三重母音です。例えば:


liù

この「-iu」という部分、本当は「-iou」という三重母音ですよね?前に子音がつくと「-iu」と書かれるのですが、「o」が完全に消えるわけではないので、「イウ」ではなく「イオゥ」というような音になるわけです。ですから「六」は「リウ」ではなく「リオゥ」、場合によっては「リオ」でもいいくらいです。

同様に、数字の「九」は「jiŭ」ですから「ジオゥ」。「舅舅 jiù jiu (母方のおじ)」は「ジオゥジォ」という感じでしょうか。とにかく書いてある通りの「ジウ」ではないということです。

しかし、先日ある生徒さんからこんな疑問をぶつけられました。

「先生、副詞の『就 jiù』は、本当は『jiòu』なのだから、『ジオゥ』とか『ジオ』のような感じだと思うのですが、どうも僕の耳には『ジウ』って言っているように聞こえるんですよ〜」

え?そうなのかな?と思って、その後ちょっと気をつけていたのですが、そう言えば確かにこの「就 jiù」については、あまり「o」の音が聞こえないような気もします。

もちろん、とてもゆっくりはっきり発音してもらうと、「ジオゥ」という感じなのですが、普通に話している速度で聞くと、「ジウ」に近いかもしれません。

つらつら考えるに、これはやはりこの「就 jiù」が副詞だからかなと思うようになりました。

中国語を習い始めた時は、軽声の音節以外は全てきちんと声調がついているので、声調にがんじがらめになって自由に読めない!なんて悩んだりしませんでしたか?僕は悩んだことがあります(笑)。

でもある程度中国語を話せるようになってみると、実は全ての字を同じテンションで発音するわけではなく、1つの文の中でとても重要な言葉は大きく、少し長めに発音しますが、あまり重要でないものは、軽声ほどではないにしても結構小さく短く発音されていることに気がつくと思います。例えば:

他在一家贸易公司工作。
tā zài yì jiā mào yì gōng sī gōng zuò
かれはある貿易会社で働いています。

この文では何を一番言いたいかというと「贸易公司」という言葉です。「彼はどこで働いていますか」という質問の答えだとすると、いっそ「贸易公司」とだけ答えてもいいわけですから、ここが一番重要です。だからここははっきりゆっくり発音します。

でもその他の部分、特に実体的な意味があまりない「在」とか「一家」などは、声の大きさもそれほど大きくありませんし、スピードはとても早く読まれます。

こういう緩急が実は自然な朗読や会話には必要で、大事なところをしっかりゆっくり、それ以外はあまりきちんと発音せず読み飛ばす、ということを中国人はしています。我々日本語ネイティブが日本語を読む時も同じですよね?

そして件の「就 jiù」。これは本当に、実体的な意味はありませんよね。前に述べた条件を満たしたら、後ろに書かれていることが起こる、というニュアンスを伝える程度の機能的意味があるだけで、多くの場合訳文には現れません。

そういう単語は、軽く、早く、適当に(?)、読まれるのです。

そうすると、本来「jiòu」であるはずの「就 jiù」ですが、口の中をしっかり「オ」のように大きく開けるほどの時間もなく、また中国語の「u」のようにしっかり唇を丸めるほどの時間もないので、ちょうど日本人の「ウ」に近い音になってしまうのかな?と思いました。

いずれにせよ、外国語を学ぶ時は、文字情報にあまりとらわれず、聞こえたとおりに真似するのが一番です。おかしいな、先生の言うことと違うように聞こえるな、と思った時は自分の耳を信じて、突っ走ってくださいね!その上で先生に注意されたら、疑問を先生にぶつけてみてください。

あ、僕にもぜひ、ぶつけて来てください!(笑)

伊藤祥雄

1968年生まれ 兵庫県出身
大阪外国語大学 外国語学部 中国語学科卒業、在学中に北京師範大学中文系留学、大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程修了
サイマルアカデミー中国語通訳者養成コース修了

通訳・翻訳業を行うかたわら、中国語講師、NHK国際放送局の中国語放送の番組作成、ナレーションを担当

著書

  • 文法から学べる中国語
  • 中国語!聞き取り・書き取りドリル
  • CD付き 文法から学べる中国語ドリル
  • 中国語検定対策4級問題集
  • 中国語検定対策3級問題集
  • ぜったい通じるカンタンフレーズで中国語がスラスラ話せる本

バックナンバー

記事一覧