翻訳会社インターブックスは高品質な特許翻訳、契約書翻訳でニーズにお応えします

翻訳コラム

COLUMN

第51回オムロンヘルスケアがタニタに対して体組成計デザインが類似するとして提訴した件(2)

2016.03.17
弁理士、株式会社インターブックス顧問 奥田百子

オムロンヘルスケアがタニタに対して体組成計が類似するとして訴訟を提起した件ですが、オムロンヘルスケアは2件の意匠権に類似すると主張しましたが、裁判所ではそのうち1件と類似すると判断されました。
これら体組成計については、以下の判決の最終部分をご覧下さい。

(平成24(ワ)33752号、平成27年2月26日、東京地裁)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/339/085339_hanrei.pdf

オムロンヘルスケアの2件の意匠はどこが違うのでしょうか。意匠権1は正方形、意匠権2は横長の印象を与え、タニタの体組成計も横長であるため、意匠権2のみと類似するとの判断です。
縦横比が意匠権2は1 : 1.4, タニタの体組成計は1 : 1.43であり微小な差異であること、スイッチ模様が意匠権1は2列×2行、意匠権2は横に3つ、タニタの体組成計は横に4つ並んでいることが差異であり、意匠権2とタニタの体組成計は全体として印象が類似するため、その他の微細な差異は無視され、全体として類似とされました。 意匠の類否は正面から視た全体的な印象です。
意匠権2は液晶表示窓に縁取りがなく、タニタの体組成計はこれがあり、意匠権2は正面ガラス体と背面部の間にプロテクタ体がなく、タニタにはこれがあるなどの相違がありますが、全体として正方形であるなどの類似する印象が勝っているとの判断でした。

翻訳

This is continued from the previous blog explaining the case in which OMRON HEALTHCARE filed a lawsuit against TANITA, insisting that TANITA's body composition meter design is similar to OMRON HEALTHCARE'S two design rights for body composition meters. The Tokyo District Court found that TANITA's design is similar to one of OMRON HEALTHCARE's two design rights.
As for these body composition meters, see the last parts of the following court judgment.

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/339/085339_hanrei.pdf
(Heisei24(wa)No. 33752, judged on February 26, 2016 (Heisei 27) by the Tokyo District Court)

What is the difference between OMRON HEALTHCARE's two design rights? The design right 1 appears to be square while the design right 2 appears to be horizontally long. TANITA's body composition meter also appears to be horizontally long, thus the court found that TANITA's design is similar only to OMRON HEALTHCARE's design right 2.
The horizontal to vertical ratio of the design right 2 is 1:1.4 while that of TANITA's design is 1:1.43, which was found to be a minor difference.
The switch patterns of the design right 1 are disposed in 2 rows×2 lines, and those of the design right 2 are disposed in 3 rows in the horizontal direction, while TANITA's switch patterns are disposed in 4 rows in the horizontal direction. The court found that the design 2de gives the same impression as that of TANITA's design, so minor differences were ignored and these designs were judged to be similar.
The key point to the similarity of the designs is the whole impression.
The design right 2 has no edge of the liquid crystal display window, while TANITA's design has this.
The design right 2 has no protector body between the front glass body and the back face, while TANITA's design has this.
Such differences did not overcome the whole similar impression like squire shape, etc.

奥田百子

「もう知らないではすまされない著作権」(奥田百子監修、中央経済社)3月19日発売!

東京都生まれ、翻訳家、執筆家、弁理士、株式会社インターブックス顧問
大学卒業の翌年、弁理士登録
2005〜2007年に工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験委員)

著書

  • ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語
  • 特許翻訳のテクニック
  • なるほど図解著作権法のしくみ
  • 国際特許出願マニュアル
  • なるほど図解商標法のしくみ
  • なるほど図解特許法のしくみ
  • こんなにおもしろい弁理士の仕事
  • だれでも弁理士になれる本
  • 改正・米国特許法のポイント