NEW
2024.06.04
プレスリリース

医師と禅僧が語る長寿の秘訣とは!新刊 『心とからだを磨く生き方』6月6日(木)発売

医師と禅僧が語る長寿の秘訣とは!新刊 『心とからだを磨く生き方』6月6日(木)発売

株式会社インターブックスは、6月6日(木)に新刊『心とからだを磨く生き方 「よい呼吸」が人生100年を支える』を発売いたします。

 

医師と禅僧どちらもが実践している養生法があった!老化に楽しく抵抗しながら、自分なりの養生法を見つける
88歳の現役医師と、高位の禅僧が語りつくした珠玉の対談

呼吸法が元気のもとだった。息を吐くときに気持ちを込める それだけで気持ちがいい。身体のなかから、汚れたものを吐き出そう

禅の大家だから語ることができる

横田南嶺  臨済宗円覚寺派管長、花園大学総長

1964年和歌山県生まれ。大学在学中に出家得度し、卒業と同時に京都建仁寺僧堂で修行。1999年、円覚寺僧堂師家に就任。2010年、同管長に就任。2017年、花園大学総長に就任。2023年、禅文化研究所所長に就任。著書に『はじめての人におくる般若心経』(春秋社)、『無門関に学ぶ』(致知出版社)、『二度とない人生を生きるために』(共著、PHP研究所)、『いろはにほへと』(インターブックス)など多数。

88歳の現役医師だから語れる養生法

帯津良一  医師 帯津三敬病院 名誉院長

1936年埼玉県川越市生まれ。東京大学医学部卒業、医学博士。都立駒込病院外科医長などを経て、1982年、埼玉県川越市に帯津三敬病院を設立。日本ホリスティック医学協会名誉会長、日本ホメオパシー医学会理事長。著書に『帯津三敬病院「がん治療」最前線: からだとこころに優しい治療のすべて』(佼成出版社)、『にこにこマンガ 88歳現役医師の ときめいて生きる力』(共著、主婦の友社)、『なぜ粗食が体にいいのか: 「食生活」ここだけは変えなさい!』(共著、三笠書房)など多数。

「呼吸法のやり方」をわかりやすい体操のイラストで紹介

書誌情報  
書名:『心とからだを磨く生き方 「よい呼吸」が人生100年を支える』
著者:帯津良一、横田南嶺 仕様:四六判  160頁 並製
発売日:2024年6月6日(木) ISBN:978-4-924914-88-9
定価:1,650円(本体1,500円+税) 発行:株式会社インターブックス

ご注文はこちらから
プレスリリースPDFはこちらから