法務翻訳

世界各国のビジネスのグローバル展開が加速している現在、日本の企業にとって英文契約書の作成は重要な位置づけになっています。また英文契約書において最も重要なことは、英文契約書のスタイルに則っていることはもちろん、明確な表現で正確に合意内容が記載されていることです。弊社では企業法務部の業務負荷を少しでも減らし、コスト削減のため正確性の高い翻訳とスピード対応を心がけています。長年法務翻訳に携わっている専門翻訳者や校正者のチームがサポートします。また、日本語契約書の内容について、海外で通用する内容かどうか、もっと有利な条項を織り込めないかなどご相談がある場合は、国際的な契約実務の豊富な経験と、英米法に精通した国際弁護士をご紹介することも可能です。

数字で見る法務翻訳

累計12,000件以上の法務翻訳実績

リピート率、年平均83%以上

品質と安全のためになにができるかを考えます

翻訳サービスの国際規格ISO17100取得

JSA TSP

翻訳の先進地域である欧州で発行済みの規格EN15038をベースに策定され、2015年5月に発行されました。この規格は、翻訳サービスの品質および引渡しに直接影響を及ぼす翻訳プロセスのあらゆる側面に対する要求事項を規定しています。

強固な情報セキュリティ対策

弊社では情報保全にかかわるガイドラインを策定し、厳格に運用・管理しております。
データ保管場所・オフィス環境・スタッフ教育の3点を重視し、従業員および関係者への教育を適時実施しております。

法務翻訳お取り扱い文書

  • 会社法、各種業法、その他関係法令に基づいた文書
  • コンプライアンス、デューデリジェンスなどにかかわる文書
  • 売買、賃貸借、製造委託、業務委託、代理店、ライセンス、秘密保持、株式譲渡、事業譲渡、吸収合併、合弁、業務提携、フランチャイズ、共同開発、システム開発等の業務委託・請負、仲介、担保権の設定・実行、任意売却にかかわる契約など、非典型契約も含めた各種契約書
  • 法定開示文書
  • 特許権、商標権、著作権、不正競争防止法等にかかわる文書
  • 利用規約、販売条件、プライバシーポリシー等
  • 訴状、答弁書等の裁判関連文書

法務翻訳料金

お客さまのご要望に応じてお見積もりいたします。
定期発注のお客さまは特別価格のご案内がございます。
お見積のご依頼、お問い合わせをお待ちしております。

弊社チェッカーに聞く

英文契約書のチェックで気を付けていることは?

翻訳チェッカー 益本 愛子

まず、英日翻訳の場合、例えば、義務を表す助動詞「shall」と「will」が一つの契約書に混在しているケースがあり、意図的に使い分けられている可能性があるので気を付けてチェックしています。いずれも義務を表す助動詞ですが、「will」は「shall」よりも柔らかい義務を表現するときにも用いられるからです。しかし実際の契約書で、支払など、義務違反が重大な契約違反になる条項に「will」が使用され、他の条項で「shall」が使用されているものを目にしたこともあります。おそらく契約書をドラフトする際に、他の契約書から引用するなどして、意図せず「shall」と「will」が混在してしまったものと推測されます。このように混在して使用されているような場合には、訳出に関してお客さまに申し送りを行っております。

逆に日英翻訳の場合は、日本語で書かれた条文の真意をくみ取るようにして作業を行っています。例えば、「~を支払う」「~を支払うものとする」「~を支払わなければならない」とあった場合、契約書は当事者の義務と権利が記載されるものですので、これらはすべて義務として訳出しなければなりません。「~を支払う」に現在形の「pay」、「~を支払うものとする」に「will pay」、「~を支払わなければならない」に「shall pay」などと訳し分けてしまったら、本来意図されている内容が反映されていない英訳となってしまう可能性があり、また上記の通り、「shall」と「will」の解釈について疑義が生じるおそれもあります。文字通りに翻訳するのではなく、原文の内容が正確に反映された翻訳となるように心がけています。

翻訳者の一例

専門分野
契約書、会社法務、規程・規則、法律
翻訳言語
日英

メーカーの国際業務企画部門で20年以上にわたり、海外法務関連業務に従事。国際契約に伴う紛争解決の交渉経験の知識豊富。輸出入業務、海外販売網の設定業務、海外提携会社間の特許やノウハウなど知的財産権に係わるライセンス契約、欧州での合弁会社設立契約、その他販売店契約、共同開発契約など多くの国際契約業務を経験。

専門分野
契約書(ライセンス契約、ジョイントベンチャー契約、株主間契約、輸出入売買契約、販売代理店契約など)、判決文、 輸出入関連文書、 住民票・戸籍、 その他法律系文書全般
翻訳言語
英日・日英

法科大学院修了。渉外法律事務所でパラリーガルおよび翻訳者として10 年以上勤務し、様々な国際法律案件(ライセンス契約、ジョイントベンチャー契約、株主間契約、輸出入売買契約、販売代理店契約など)の翻訳業務経験あり。

専門分野
契約書、法律、ビジネス文書、利用規約、プライバシーポリシーなど
翻訳言語
英日・日英

国立大学法学部卒、翻訳大学院ビジネスマネージメント翻訳修士号を取得。
法学部出身、司法試験の経験を生かし、契約書、法律文書、ビジネス文書の和訳を専門とした、正確で、わかりやすい翻訳を提供。外国法、判例、各種契約書、利用規約、その他多数の翻訳実績あり。

専門分野
ソフトウェア、IT、スマートフォン、医療機器マニュアル、契約書全般・規則、定款、ビジネス、金融、年次報告、論文
翻訳言語
英日・英独

大学法学部卒業後、京都大学にてビジネスを研究し修士号を取得。契約書・規則、定款、ビジネス文書、論文、法令、ソフトウェア、スマートフォン等の分野で翻訳実績を着実に伸ばしている。

専門分野
契約、法律、訴訟関係および企業法務
翻訳言語
中日・日中

大学院で米国法・中国法・国際取引法を研究してきたキャリアを活かして、契約書を中心とする英文・中文法律文書の和訳業務に従事。北京大学法学院博士研究員を経て北京の弁護士事務所やコンサルティング会社で主に法務に係るコンサルタント業務に従事する。HSK11級取得。

専門分野
ビジネス文書一般、契約法務関連(契約書、議事録等)、仕様書、化粧品、食品等
翻訳言語
英日・英仏

日本およびフランス系企業に約15年勤務した後、翻訳業界での経験を積み、法務関連書類の翻訳、QA等の業務に従事。フランス系企業では、ビジネス部門、R&D、法務部に所属し、技術レポート、仕様書、契約書、株主総会、取締役会、各種プレゼン資料等の翻訳を経験。マニュアル(IT関連、医療機器等)、化粧品や食品関連の広告、ウェブサイトの翻訳やカメラ技術に関する書籍等様々なプロジェクトの経験多数。