翻訳会社インターブックスはあらゆる翻訳のニーズにお応えします

翻訳会社インターブックスの事業ドメイン

DOMAIN

翻訳

TRANSLATION

確かな翻訳で、コミュニケーションの新しい価値を創造します。

「スピード」「品質」「コスト」すべてを満足させる翻訳がここにあります。
官公庁・大学など実績多数。
お急ぎの場合は24時間納品も可能です。

多言語DTP・編集

DTP, EDITING

外国語組版、アカデミックな分野に強く、質の高い多言語DTP・編集サービスをご提供します。

デザイン・レイアウトから出版企画、編集、執筆、原稿整理、校正、印刷まで、多言語の文字にまつわるあらゆるサービスに対応します。

出版

PUBLISHING

世界の文化と知性を発信します。

社会科学、自然科学、語学、歴史、コミックなど多方面にアンテナを伸ばし、最先端の文化や知性をお届けします。

知財・特許

INTELLECTUAL PROPERTY, PATENT

グローバルな企業活動に必須な国際特許・知財を強力にバックアップします。

外国語に強く国際特許・知財の経験豊かな各国弁理士などのプロフェッショナル翻訳者を多数擁し、国際特許・知財をバックアップします。

MONONOV

もののふ

日本のビジネス書の英文レビューを通じて「優れた日本の企業を世界に紹介」

1991年から80か国以上の言語に対応してきた実績を持つインターブックスでは、日本の優れた企業の情報発信を『MONONOV:もののふ』ブランドで応援します。

海外向けプレスリリース配信

KYODO NEWS PR WIRE

インターブックス x 共同通信PRワイヤー

海外プレスリリース配信に対応する共同通信PRワイヤーのパートナー会社のひとつとして、貴社の海外向けプレスリリース配信をお手伝いします。
日本語リリース原稿の英訳からご相談いただけます。

セミナー

SEMINAR

外国出願実務が基礎から習得できる!
奥田百子弁理士による外国出願実務講座

特許事務所での外国語特許の出願実務全般に従事できるスキル、および、特許事務所で働くための知識やスキルをすべて学ぶことができます。

お知らせ

NEWS

インターブックスについて

ABOUT

情報の送り手と受け手をつなぐ×良質なメディアの創造

1991年の創業以来、言葉や文字を表現し、伝えていく仕事をおこなってまいりました。
具体的には、 翻訳会社として、編集プロダクションとして、さらには出版社としてインターブックスは微力ながら社会に貢献してまいりました。会社のミッションは「言葉の壁をなくし、真のコミュニケーションで世界の人々に貢献する」です。現在、インターネットやソーシャルネットワークが普及して、世界中の人々が身近な存在になりつつありますが、言語が障壁になり自由にコミュニケーションが取れているとは程遠い状況です。「真のコミュニケーション」とは何かと考えてみると、単純に、他の国の言語をほかの国の言語に置き換えるのではなく、相手の国の文化や歴史、環境などさまざまな要素を理解して相手に伝えるということではないかと考えます。今後も翻訳・編集・出版を通して、他の国の文化、情報、技術などをコミュニケートし、お客さまのビジネスや交流に役立つお手伝いができればと考えます。
これからのグローバル化の時代にあっては、外国の文化を日本に紹介するだけでなく、出版、編集、翻訳会社としてのノウハウを活かしながら日本の文化や情報を伝えるべく海外へ向けて発信し続け、常に革新的なイノベーションを創造していきたいと考えております。


セミナーお申し込み受付中

外国出願実務が基礎から習得できる!
奥田百子弁理士による外国出願実務講座

セミナー詳細はこちら


パートナー翻訳者募集

翻訳会社インターブックスの専門分野翻訳家・校閲者募集

自然科学分野に精通した翻訳家、および校閲者を募集しております。
皆様の専門性と語学スキルのお力添えをお待ちしております。

ご応募はこちらから


パートナークリエーター募集

パートナークリエーター

ご応募はこちらから


インターブックスの本

My Unforked Path with Faith, Flowers, and the Moon

My Unforked Path with Faith, Flowers, and the Moon


翻訳コラム

国際弁護士の旬なインタビューや日本の特許実務を日本語と英語で解説するなどインターブックスならではの多彩なコラムが満載です。


知を蓄積する翻訳校正サービス EDITAS(エディタス)

海外展開をローカライズでお手伝い

多言語ARでおもてなし

インターブックスは、海外進出を成功に導くSWBS認定企業です。

日本バーチャルリアリティ学会 誌媒体資料はこちら